腰痛の原因と治療法 > 高齢者の腰痛

高齢者の腰痛

高齢者で腰痛に悩まれている方は多いのではないでしょうか。

年を重ねると骨や筋肉が全体的にもろくなります。

それに伴い体を支えるのが困難になり、腰痛が起こりやすくなるのです。

腰痛を甘く見たらいけません。

放っておくと腰痛が益々悪化して寝たきり生活になることもあるので、注意が必要です。

高齢者の骨の老化による腰痛では、様々な病気や症状がありますが、その中でもよく聞くのが骨粗鬆症です。

特に女性は、更年期を迎えるとホルモンのバランスの関係で骨の量が減り、この病気を引き起こしやすくなります。

もちろん高齢の男性も年齢に伴い発症する方も増えてきますので注意が必要です。

この病気は、体全体の骨がもろくなりますので、骨折しやすくそしてその後も治りにくくなります。

腰痛予防には、骨や筋肉を鍛えるのが良いでしょう。

骨は、たくさんのカルシウムを原料に作られており、丈夫な骨を作るためにはカルシウムを積極的に摂取すると良いと言われています。

ビタミンDを一緒に摂るとカルシウムの吸収率が高くなりますので、組み合わせを考えながら食事をとることをお勧めします。

また、筋肉を鍛えるためには適度な運動が必要です。

水中歩行やウォーキング、軽度なストレッチなど無理のない範囲で体を動かしましょう。

またすでに腰痛持ちの方は、腰痛ベルトを装着し、腰の負担を少しでも少なくすることで痛みが軽減されます。
高齢者の腰痛も人それぞれ、種類も様々です。間違った自己判断をせず、まずは専門家に相談されることをお勧めします。