腰痛の原因と治療法 > 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

腰痛の中でも激しい痛みを伴う症状の一つに椎間板ヘルニアがあります。

私達人間は、24本の骨を材料に背骨を作っています。

そして骨と骨の間には柔らかい椎間板がありクッションの役割を兼ねています。

この椎間板が、とある拍子で飛び出し神経を圧迫させてしまった場合に激しい痛みを引き起こします。

これが椎間板ヘルニアです。

椎間板の飛び出る箇所によって痛む場所も変わりますが、特に腰の箇所のヘルニアが多いと言われています。

椎間板ヘルニアになる原因は、老化や姿勢の悪さ、腰に負担をかけるような無理な動作の積み重ねなどと言われています。

この病気の特徴としては、腰痛だけではなく、しびれ、腰や背中の懲り、腰が前に曲がりにくいなどがあげられますが、自己判断で症状を当てはめるのは危険ですので、まずは専門家に相談されることをお勧めします。

椎間板ヘルニアの治療は、痛みの度合いにより方法が異なります。

痛みが軽い場合は、信頼できる整形外科での通院や整体などに行かれるのが良いでしょう。

腰痛ベルトを腰に付着させ腰の負担を軽減させている方も多いと聞きます。

また、痛みが激しい場合は、手術をする方もいます。

最近では、手術も切開しないレーザー法などもあるようです。

椎間板ヘルニアの予防としては、腰に負担をかけにくくすること、まずは正しい姿勢です。
正しい姿勢をとることにより、体、つまり腰に負担がかかりにくくなります。
また、腰回りにある腹筋や背筋を鍛えることも大切です。無理のない範囲でのウォーキングや腹式呼吸などもお勧めです。