腰痛の原因と治療法 > 腰痛予防体操

腰痛予防体操

私達は、机に座っての作業が多い毎日を過ごしており、腰の筋肉低下や血行不良など腰痛を起こしやすい環境の中で暮らしています。

腰痛の予防や軽減には、無理のない体操が良いと言われています。

体操を行うことで腰の筋肉を鍛え血行を良くし、痛みの軽減や予防ができるのです。

腰痛予防体操を行うときは、まず初めに準備体操つまりストレッチを行います。

無理をすると腰痛をさらに悪化させることもありますので、まずは、ゆっくりとストレッチから入ります。

ストレッチは一般的なものでいいです。

体の他の部分にも無理が生じないように手、足、首、肩回しなど体全体を満遍なく動かしてください。

風呂上がりなど体を温めた後で行うのが良いでしょう。

ストレッチの後はいよいよ腰痛予防体操です。

この体操は様々な種類がありますので、自分に合った体操を選択され、無理のない範囲で始めるのが良いでしょう。

例えば、椅子に座って背骨や腰を伸ばしたり、仰向けに寝転がった状態で腰をひねったり、立ち上がった状態で体を前に倒したり腰を反らすなど、腰を中心に無理のない範囲で行います。

前後、左右が一セットになっている体操は、体のバランスを崩すことにもなりますので、それぞれ前後、左右と同じ数だけ行うようにしてください。

また、お腹の筋肉を鍛えることも腰痛予防につながりますが、無理な腹筋は腰痛を悪化させる場合もありますので、注意が必要です。

他にジムボール、ストレッチポールなど道具を使った腰痛予防体操や最近人気の腰回しや水中ウォーキング、ヨガ、ピラティスなども腰痛予防に良いと言われています。