腰痛の原因と治療法 > 妊娠中や出産後の腰痛

妊娠中や出産後の腰痛

女性が劇的な体の変化を遂げるのに妊娠そして出産があります。

この時期も腰痛が起こりやすいと言われています。

まず妊娠中はどうでしょうか。

妊娠中は胎盤からリラキシンと言ったホルモンが分泌されます。

このホルモンは、出産しやすいように骨盤を中心に体全体を緩やかにします。

そのホルモンを分泌させることで体中の関節がゆるみ、骨盤が不安定となり腰痛が起こりやすくなるのです。

また、特に妊娠後期には胎児の成長に伴いお腹も大きな状態で体を支えることとなります。

その上、骨盤が緩やかホルモンにより不安定となっているため全身を支えている腰に負担がかかり、腰痛をますます悪化させていくのです。

出産時は、緩んでいる骨盤に大きな負担がかかるため、腰痛で悩まれている方は特に注意が必要です。

リラックスしてお産に臨み、ベルトの着用や体勢などを前もって医療機関に相談されておくと良いでしょう。

出産後も特に直後は体が戻っていない時期です。

赤ちゃんを抱きかかえることにより、体にますます負担がかかり腰痛を悪化させていきます。

出産時及び産前産後は、骨盤矯正ベルトを上手に利用し、腰痛を予防することも必要です。

骨盤矯正ベルトは普段使用している腰痛防止のベルトとは多少異なり、妊娠及び出産時に適するように作られたベルトになりますので、きちんとしたものを購入し着用すると良いでしょう。

そして日頃の腰痛予防として正しい姿勢と筋力低下をさせないための適度な運動を心がけると良いでしょう。