腰痛の原因と治療法 > 生理と腰痛

生理と腰痛

女性の場合、月に一度生理(月経)がやってきます。

生理の前後及び最中に腰痛で悩まれている方は多いと聞きますが何故でしょうか。

生理の数日前から始まる直前までプロンスタグランジンと言った物質が黄体ホルモンの働きで子宮から分泌されます。

痛みは人により様々ですが、これが多いと腰痛が起こりやすいと言われています。

これは月経前緊張症と呼ばれています。

腰痛以外にも吐き気、倦怠感など体全身がしんどくなるようです。

そして生理が始まるとともに痛みは軽減します。

ストレスが原因でおこる場合もありますので、できるだけリラックスすることを心がけると良いでしょう。

また、整体や鍼灸などで体を温め、バランスをとることで、腰痛が軽減する場合もあります。

生理の最中にも腰痛で悩まれている方は少なくありません。

生理前とホルモンの種類は同じですが、量が多ければ多いほど腰痛と共に下腹部痛が起こりやすくなります。

この場合、子宮が未熟であるなど機能性の問題だと言われていますので、思春期の女性はなることが多いようです。

体のバランスを整えたり、年を重ねたりするにつれて痛みは軽減していくようです。

月一回やってくる生理です。うまくつきあうコツとリラックス法を自分で見つけることも大切です。

また別の病気が潜んでいることもあります。痛みが激しかったり、体の疲労感が長期間続いたり、不正出血や出血量が極端に多かったり少なかったりした場合は、医療機関で相談されると良いでしょう。