腰痛の原因と治療法 > 腰痛になりやすい癖や習慣

腰痛になりやすい癖や習慣

腰痛に悩まれている方は、腰痛になりやすい癖や習慣を持っている人が多いといわれています。

あなたも生活の確認をしてみませんか。

まず姿勢の悪さです。立ち姿はどうでしょうか。

猫背だったりしませんか。中腰や前かがみの姿勢を長時間していませんか。

座った時の姿勢も同じです。

姿勢が良くても足を組んで体のバランスを崩しやすくしてしまうのも問題です。

足を組むとどちらか片方の足で組むことになりますので、一番体のバランスを崩しやすく、腰痛がおこりやすくなるのです。

深く椅子に腰かけるようにして椅子の高さは、お尻と膝が平行か少し高いぐらいが理想です。

実は座る体制のほうが腰に負担がかかりやすいと言われています。

この姿勢で中腰や前かがみの姿勢をとり続けていると余計に体のバランスが崩れやすく、腰痛が起こりやすくなります。

椅子以外では、横すわりやあぐらなどの偏った座り方もよくありません。

立ちっぱなし、座りっぱなしも筋肉を疲れさせ腰痛がおこりやすくなりますので、長時間同じ体制を続ける場合は合間に軽いストレッチを行うようにすると良いでしょう。

またバックをどちらかの肩にかける時間が増えてしまうのも体のバランスを崩しやすくなるので問題です。人間は左右のバランスが崩れると痛みや不調などが起こりやすくなります。

必ず左右対称に動作をおこなうように心がけると良いでしょう。

このように生活習慣や癖を見直すことが腰痛の腰痛予防の第一歩につながります。