腰痛の原因と治療法 > お酒と腰痛の関係

お酒と腰痛の関係

お酒の飲みすぎも腰痛には良くないといわれています。

この場合の腰痛はお酒を飲むことによって起こるすい臓の故障から来ています。

すい臓は、体内に入ってきた食べ物の中のたんぱく質・脂肪・炭水化物を分解するすい液を分泌します。

そして体に栄養を吸収させる役割があります。

私達の体は、大量のお酒を飲むことにより膵液を分泌する通り道が炎症を起こしやすくなり膵液がすい臓の中にたまりやすくなります。

また、アルコールに含まれている成分によって症状が進みやすくなり、これらが原因で腰痛が起こることがあるのです。

すい臓が要因の腰痛は、腰だけでなく背中や腹部と幅広く痛みを感じることが多いようです。症状は膵炎と呼ばれます。

膵炎には、慢性と急性があります。軽度の急性の痛みの場合は治療することで回復も早くなりますが、慢性の場合はゆっくりとすい臓の細胞が壊れていくために痛みも軽いため症状が分かりにくく治りにくくなります。

また、この症状が悪化すると糖尿病を併発することもあり注意が必要です。

お酒による腰痛を軽減させるためにはやはり酒の量を減らしたり、禁酒をしたりすることをお勧めします。

膵液の分泌が多くなると胃酸も活発に出るようになりますので、食べ物も胃に負担をかけやすい油もの、香辛料の摂りすぎなども禁物です。

この腰痛は、特に若い男性が発症しやすいと言われています。また腰痛以外の痛みも発症しますので、痛みを感じたら医療機関に相談されることをお勧めします。

食生活やお酒の飲み方を今一度見直してみませんか。