腰痛の原因と治療法 > たばこと腰痛の関係

たばこと腰痛の関係

『喫煙者は腰痛になりやすい』そんな話を耳にしたことがありますが、果たして本当なのでしょうか。

たばこには、ご存知の通りニコチンが含まれています。

この成分は血管を縮小させる働きがあり、体全身の血行が悪くなります。

特にこのニコチンは、腰周りや椎間板に影響が出やすく腰痛が起こりやすくなると言われています。

椎間板は背骨のクッションとも呼ばれ、柔らかい骨で作られ、背骨一つ一つを結合しています。

そのため間違った刺激を与えると壊れやすいといった特徴があります。

タバコを吸うことで、椎間板にダメージが出やすく腰痛が起こりやすくなるのです。

喫煙者には椎間板ヘルニアが多いといわれるのもそれが原因だと言えるでしょう。

元々、腰痛で悩まれている人や肉体労働を主とする喫煙者は特に注意が必要です。

これに運動不足や数本数の多さなどが加わるとますます腰痛が悪化していきます。

椎間板は間違った刺激さえなければ簡単には壊れないと言われています。

また、禁煙することによって壊れていた椎間板が回復することもあると言われています。

特に年齢が若ければ若いほど回復率は高くなります。

この場合、禁煙することによって腰痛の改善が期待できるのです。

また、自分が喫煙しなくても周りが喫煙する場合は、注意が必要です。

受動喫煙とよく言われますが、煙を数個とにより、時には喫煙者よりも体に影響が出ることもあるのです。

腰痛予防にはタバコを減らしたり禁煙したりすることが実は一番の近道なのです。タバコを吸う人は健康そして周りのことを考えながら生活を見直してみてはどうでしょうか。