腰痛の原因と治療法 > 冷えからくる腰痛

冷えからくる腰痛

冷えは万病の元と言われていますが、慢性的な腰痛も体が冷えることが原因で起こっている場合があります。

体が冷えることで全身の血液の循環が悪くなり、筋肉が疲労することで腰痛が起こりやすくなるのです。

特に冬の寒い時期や冷房を使用することが多い夏に注意が必要です。

冷えからくる腰痛予防は、体を温めることから始めると良いでしょう。

最近は様々な冷え性予防対策やグッズが多く普及しています。

まず私たちが毎日入るお風呂はどうでしょうか。

最近の若い人は入浴をシャワーだけで済ませる方が多いと聞きます。

これは体が温まらずますます体を冷やしてしまいます。

ゆっくりと湯船につかり体を芯から温めることは冷え性予防にもつながります。

特に半身浴をお勧めします。少しぬるめの温度でゆっくりつかってください。上半身には水圧をかけないことがポイントです。

充分湯船につかった後は、手足に何度か水をかけると体がぽかぽかし、血行がよくなり腰痛知らずの体になるでしょう。

また運動することも冷え性予防には大切です。

また湯たんぽやホッカイロ、腹巻などの冷え性予防グッズ使用して体を温めるのも予防の一つです。

ところが腰痛の種類によっては腰を温めると逆効果になることもあります。
腰をぶつけたり、ぎっくり腰などの急性の激痛の場合は、腰を冷やして炎症を抑えることが必要です。その他の慢性的な腰痛の場合は体を積極的に温めるようにしてください。

もし判断に迷った時は専門家に診てもらうことをお勧めします。