腰痛の原因と治療法 > 正しい姿勢で腰痛予防

正しい姿勢で腰痛予防

背骨は体全体を支えるという点で重要な役割を持っています。

特に人は二足歩行のため背骨という強い柱で体全体のバランスをとっているのです。

背骨は24組の骨が一つ一つ組み合わさって出来ているため自由に動かすことが出来、かつ頑丈ですが、反面、自由に動く分歪みやすいと言った特徴があります。

腰痛も背骨が歪むと起こりやすくなります。

背骨の中には腰を支える腰椎がありそれが支障をおこすと痛みが発症します。

姿勢が悪かったり無理な体勢を続けていたりすると背骨が歪み、それが支え切れなくなって腰痛が起こるのです。

体の歪みを予防するには正しい姿勢が一番です。

根っこの部分つまり背骨が歪んでいるとどんな治療を行っても中々治りません。

腰痛の場合もそうです。正しい姿勢を続けることによって腰にかかる負担も少なくなり痛みも軽減されるのです。

正しい姿勢は意識することから始まります。

まず立った時の正しい姿勢は、軽く顎を引き背筋をまっすぐ伸ばします。

壁などに体をつけて行うと意識しやすくなります。

また座った場合の正しい姿勢は、深く腰掛けてお尻を椅子に密着させ、軽く顎を引きまっすぐ背筋を伸ばしてください。

膝は股関節より少し高めか同じぐらいの高さが良いでしょう。

足を組むと体が歪みやすくなりますので、足はきちんと揃えて座るようにしてください。
車の運転や長時間のデスクワークの時などは合間の休憩をとったり終了後には軽くストレッチを行ったりして姿勢を整えなおしてください。

正しい姿勢を心がけ元気な毎日を過ごすことで腰痛予防や改善につながります。