腰痛の原因と治療法 > 整形外科での腰痛治療

整形外科での腰痛治療

病院で腰痛治療を行う際の専門機関は整形外科です。

医療行為は勿論のこと保険が適用されるので、経済的負担も少ないと言ったメリットもあります。

治療方法は、腰痛の種類によって様々です。

まずどの種類でも原因を突き止めるために検査を行います。

X線レントゲンでの検査や内容によってはCTやMRIを使って詳細に調べることもあります。

検査で原因が突き止められたらそれに見合った治療を行います。

その中でも特に体の負担が少ないのが、コルセットやベルトと呼ばれる装具を腰に装着し、腰痛を軽減させる治療法です。

腰を固定させるため痛みは和らぎますが、長時間の使用は筋肉低下を招くこともありますので、ぎっくり腰など急に激しい痛みを伴う際の応急処置として使用されることが多いです。

また、薬の処方による腰痛の治療もあります。

腰痛には、冷えは禁物です。

理学の面では、温湿布や低周波治療器を使用して患部を温め、痛みを軽減させる温熱療法があります。

また、軽い体操やストレッチを指導することもあります。

即効性がある腰痛の治療としては、ブロック注射がありますが、副作用が伴う場合もありますので注意が必要です。

最終手段としては手術で治療を行う場合もあります。

最近ではメスを使用せず、レーザー治療を行い体にかかる負担も減ってきていますが、最新医療のため保険が利かない場合もあります。

このように整形外科だけでも治療法は様々です。また、違った病気が隠れている場合は別の科を受診することになりますが、主治医と相談しながら治療をすすめることをお勧めします。